「1→10drive」のイマドキ百鬼夜行!?ARなどのテクノロジーを使って日本の伝統的な古典文化をアップデート☆

こんにちは!AR-naviブログ担当の古谷です(^○^)
またまた非常に面白そうな取り組み、及びイベントを見つけてしまったので、ご紹介したいと思います☆
しかも、その取り組みに取り組んでいるのは、以前本ブログでもご紹介したことのある、「株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ」さん!
毎度良質なブログネタをありがとうございます…
それでは参りましょう☆

革新的!”Update the Classics!”

冒頭でもご紹介いたしましたが、以前のブログ記事でもご紹介させていただいた「株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ」さんがまたもや面白い取り組みをスタートさせてくださいました!

今回始まった取り組みは“Update the Classics!”と言う名のもので、一体何なのかというと、「日本の伝統的な古典の文化をテクノロジーでアップデート」することを目的とした取り組みです☆
これによって、伝統的な古典の文化とは一味違う、違った形のエンターテインメントを楽しめるようになります(^○^)

その第1弾として、ハイパーVR・ARアトラクション『オバケハンター』を京都五条で開催します!

『オバケハンター』とは?

今回”Update the Classics!”によってアップデートされるのは、かの有名な「百鬼夜行」

「百鬼夜行」がアップデートされる形で作られた『オバケハンター』では、本来見えないはずのオバケたちが最新のテクノロジーによって目の前に出現するので、それらを退治しなければなりません。
またしてもAR(拡張現実)にはもってこいのアトラクションですね!d(⌒ー⌒) グッ!!

多くの日本の古典に登場し、また京都ともゆかりの深い百鬼夜行ですが、今回一体どのようなテクノロジーを駆使して、どのようにアップデートされたのでしょうか?(^○^)

今回、こちらのアトラクションは2ゾーン構成となっており、「圧倒的迫力!360°プロジェクションシューティング」「超AR体験!探索シューティング」の2つが用意されています。

それぞれご説明していきますね☆

「圧倒的迫力!360°プロジェクションシューティング」

「圧倒的迫力!360°プロジェクションシューティング」

プレスリリースより引用


舞台は小学校
誰かが魔法陣を作ってしまったので、おばけたちが大発生!

そこで、ZONE1では、「圧倒的迫力!360°プロジェクションシューティング」をします!

プロジェクションマッピング技術によって、壁一面にオバケたちが出現するので、臆することなくオバケ撃退しなければなりません(^○^)
優秀なセンサーのおかげで、空間内での動きは実際の体の動きを忠実に再現してくれるので、本当にオバケと対峙しているみたいな感覚に陥っちゃいます!

みんなで力を合わせてオバケの親玉をやっつけましょう☆

「超AR体験!探索シューティング」

「超AR体験!探索シューティング」

プレスリリースより引用


ZONE2は、「超AR体験!探索シューティング」!

特殊な武器「オバキューン」を使えば、教室内に隠れているオバケたちを見つける事ができます。
探して、やっつけちゃいましょう☆

珍しいオバケもいるみたいなので、どんどん探しましょう!(^○^)

「オバキューン」は1→10driveの「snipAR」という技術を使っており、非常に優秀なARシステムです☆

以前ご紹介したイベント、および1→10driveの「snipAR」技術に関してご興味のある方は、ぜひこちらの記事も併せてお読みください☆↓↓

  • イベント名:拡張現実アトラクション!!「オバケハンター」 〜見えないものが、みえてくる。イマドキ百鬼夜行~
  • 日程:9/23(土)10時〜19時、9/24(日)10時〜18時
  • 場所:イオンモール京都五条(3Fイオンホール)
  • 住所:京都府京都市右京区西院追分町25−1
  • 料金:ZONE01、ZONE02 各500円、通しチケット800円
  • 体験時間:各5~10分程度
  • 公式サイト:URL http://www.1-10.com/drive/obakehunter

情報源:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000016942.html

今回の記事、いかがだったでしょうか?
「1→10drive」さんの活動家らは目が離せませんね〜。

今回のイベントは京都で開催なので、遊びに行ってみようかなと思います☆

最後までお読みいただきありがとうございます!
また次回の記事もお楽しみに☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です