トヨタ、近未来コンセプトカー「Fun-Vii」発表。AR(Augmented Reality : 拡張現実)を活用したナビ情報等の表示が可能。

東京モーターショウで発表されたトヨタの近未来コンセプトカー「Fun-Vii」。
スマフォにタイヤを付けたと表現されるだけあって、フルデジタル化された車ですね。

フロントガラスを通して、道路の情報や沿道の施設情報などをARで重ねて表示。
未来の世界をイメージさせるコンセプトカーになっている。

ここにはAR技術の方向性も見て取れます。

現在は広告媒体として注目されているAR技術ですが、時代が進むにつれて我々の生活自体を直接的に豊かにする技術になっていくでしょう。

賛否両論のこの車。
私個人的には結構好きなんですけど。
ボディー全体がディスプレイ化したこの車。ちょっと擦ってしまったら相当落ち込んでしまいそうだし、修理代も高くつきそうです・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です