海外のARブック

ARを活用した書籍の海外事例。

日本と海外の一番の違いは、ARの技術力そのものだけでなく、コンテンツにかけるお金の差も大きいです。

AR技術とコンテンツ、両輪が整って初めて面白い企画になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です